中小企業新事業活動促進法とは

利用者にとって分かりやすい施策体系を実現するために、中小企業経営革新支援法、中小企業の創造的事業活動の促進に関する臨時措置法、新事業創出促進法の3法律を整理統合するとともに、異分野の中小企業がお互いの「強み」を持ち寄り連携して行う新事業活動(「新連携」)の支援を加え、昨今の経済社会環境の変化を踏まえた施策体系の骨太化を図ったものです。

(平成17年4月13日公布・施行)  この法律では以下について定めています。

創業及び新規中小企業の事業活動の促進 中小企業の経営革新及び異分野連携新事業分野開拓(新連携)の促進 中小企業の新たな事業活動の促進のための基盤整備

(経営基盤強化の支援、新技術を利用した事業活動の支援(SBIR)、地域産業資源を活用して行う事業環境の整備)

中小企業庁のHPを参照にしています。

ページの上部へ