×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

経営革新>>こちらクリック経営革新計画

経営革新計画とは

経営革新 経営革新

中小企業の新たな事業活動を促進するため「創業」「経営革新」「新連携」の3つの取り組みを支援する「中小企業新事業活動促進法」と言う法律があります。

この中で「経営革新」 とは「事業者が新事業活動を行なう事により、その経営の相当程度の向上を図ること」に対する支援を行なうものです。

経営革新つまり、新事業展開を行ない、 経営の向上を図る事業者として、知事から認定を受けると、信用力の向上や低金利融資、信用保証協会の保証枠の拡大など様々な支援が受けられる という施策なのです。
経営革新



経営革新

1つでも当てはまれば検討してください!


助成金など優遇措置をうけたい
⇒都道府県、市区町村で様々な施策があります。

保証協会の保証枠を増やしたい
⇒経営革新の認定を受けると枠の拡大が可能になります。

新事業を行うのに好条件で融資を受けたい
⇒政府系金融機関から好条件での融資が可能になります。

融資が受けられるか不安
⇒知事のお墨付きを貰う事で融資が受け易くなります。

新事業を失敗させるわけにはいかない
⇒経営革新計画を終了している事業者と一般の中小企業では付加価値額の伸び率に約2.5倍の差があります。

事業計画、戦略の質を高めたい
⇒中小企業診断士などの経営専門家が支援を行ないます。

新規販路を開拓したい
⇒見本市出展助成などさまざまな施策があります。
経営革新 経営革新
経営革新
もしも、上記に1つでも当てはまれば、まずはお気軽にお問合せをください。

弊社は完全成功報酬で格安、でスピード施策で高品質の経営革新計画作成をご提案いたします。
経営革新


 経営革新

借り入れの悩みを解決します


経営革新計画の認定を考える理由は「借入の悩み」を解決できるからではないでしょうか。 

経営革新

弊社にご相談される社長様の多くの悩みも「借入」についてです。

「融資をどうにか受けたい」

「無担保で借入をしたい」

「金利が高すぎる」
 

そうした悩みを解決する方法として経営革新計画に行き当たり弊社にご相談をされます。  

実際にそうした悩みは経営革新計画の認定を受けると多くの場合に解決することができます。
(※全ての場合ではありませんが・・)  

もし貴方がこうした悩みをお持ちであれば、経営革新計画の承認を受けることにより解消される可能性が高いです。

経営革新計画

「信用保証協会の保証枠が倍増し無担保で借入ができた」

「通常金利より0.9%低利で融資が受けれた」

「施策活用により数百万円の助成金がおりた」  


ではなぜこの経営革新計画がそれほどのパワーをもっているかと言うとその答えは国の方針であるからです。  

少し長くなりますが、日本の経済は成長期から成熟期へそして現在、停滞期に以降をしています。

そうした変化の中、平成11年の臨時国会で中小企業法が36年ぶりに改正をされました。

その趣旨は「独立した中小企業の多様で活力ある成長・発展を支援する」と言うものです。  

それまでは全ての中小企業は国が支援をするものであると言う趣旨であったのですが、改正により「独立した中小企業」を支援するとなりました。  

経営革新計画

更に政策の柱の1つが「創業・経営革新に向けての自助努力支援」となりました。  

これらの流れから分かりますように国は全ての企業への支援ができなくなり、

頑張る企業のみを支援すると言う「選択と集中」の方針になったのです。  

そこで「頑張る企業」とはどのような企業かと言うと第一に先ほども述べました「創業・経営革新に向けての自助努力する企業」です。  

この方針が法になったものが「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律」であり、経営革新計画の根拠法なのです。  

つまり、経営革新計画の認定を受けた企業は頑張る企業と見なされ、支援を受けられる側の企業となると言うことです。

  経営革新

お金の悩みは孤独で重い!

経営革新 社長にとってお金の悩みは非常に重たいものです。

しかもお金の悩みは周りの社員の方には理解できない孤独な悩みである場合が多いように感じます。

融資がおりなければ事業展開にあたっての新規雇用や設備導入、仕入れの増加などができず、もっと売上げを拡大できるのにキャッシュがないから新展開ができないと言うジレンマがおきます。

そうしたジレンマに加え、事業のライフサイクルやシェアの早期獲得を考えると早く事業展開を行なわなければ、競合他社に機会を奪われ、自社の経営リスクが高まる可能性があります。

そうした機会損失だけでなく借りられるか借りられないのか、それが分からないだけでも社長には精神的なプレッシャー、ストレスになります。
経営革新
経営革新



経営革新

解決するには

ではどうすればお金の悩みを解決できるのかと言うと 「融資がおり、新展開を行い、毎年返済しながらも利益が出ている状態を作り出すこと」ではないでしょうか。  

そのための最も効果的な足がかりが経営革新計画の認定を受けることです。  

経営革新

よく融資について他の方法はないでしょうかと言う質問を受けます。

例えば新規事業を展開しようとする企業様から「保障協会の保証枠を増やす方法は他にありませんか?」などの質問がありますが、最も簡単で可能性が高い方法は経営革新計画の認定を受けることです。


経営革新

経済産業省の中小企業診断士による高品質サポート

当社では計画書作成を行なうのは全て中小企業診断士です。

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家であり、法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣に登録されます。

中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者として位置づけられています。  
このように経営のエキスパートである中小企業診断士による計画書作成を支援いたします。

完全成功報酬 

 経営革新


また当社では1週間程度で計画書を作成したこと、更に最短では3日で計画書を作成した実績もあり、品質だけでなくスピードに関しても高い満足度を頂いております。


計画書の詳細

当社では主に以下の内容を一定の質と一貫性をもち記載をしております。  


経営革新

○事業を取り巻く環境の分析および考察  

○自社の「強み」「弱み」について  

○現在までの事業の業績について  

○新規事業についての詳細  

○問題点や課題の解決方法  

○事業コンセプトの策定  

○事業の推進体制について  

○人員計画  

○業務プロセス  

○利益を生む仕組み  

○設備投資計画  

○各競合先に対する個別の競争戦略  

○借り入れ金の使途  

○融資の申込み内容  

○営業計画(3〜5年分)  

○予想資金繰表(3〜5年分)  

○予想損益計算書(3〜5年分)


格安

コンサルティング料金24万円(税別)毎月20社のみ

経営革新計画のコンサルティング費用は通常35万円前後が相場 とされています。

しかし、そうした「費用をかけれない」「かける必要があるか分からない」という企業様が多くいらっしゃいます。

そのため、弊社では 「より多くの企業様に経営革新計画を作成し飛躍をしてもらいたい」 と言う思いから国内最安値の価格設定を行ないました。  

また、経営革新計画書を 作成する期間も最短で3日という実績もあります。

スピーディにサポートするシステムを構築する事で専門家費用を抑える事を可能にしております。

更には当社では経営革新承認率100%の実績をもっています。

この理由は当社では経営革新の審査ポイントを知りつくしているため、経営革新承認にいたる可能性になるプランができるまで申請を行なわないためです。

経営革新 

格安

経営革新承認率100%
であるため完全成果報酬を可能にしています。  

更には当社作成の経営革新計画書は資金調達の際の事業計画書としてそのまま活用する事ができるメリットがあります。

他社ではこの事業計画書の作成だけでも10万円以上はします。

このためお客様には弊社経営革新取得サービスは非常に費用対効果が高いサポートと評価を頂いております。


当社が選ばれる理由


□弊社の経営革新取得サービスは業界最低価格 (スピーディで行うシステムにより専門家費用が抑えられるため)

□経営革新の審査ポイントを知りつくしているため、経営革新承認率が100%

□経営革新承認率が100%だから完全成功報酬が可能

□全国対応が可能   

□経営革新計画書の作成が早い  

□中小企業診断士が経営革新計画書の作成を担当するので第三者から見て信頼性が高い

□融資の際の事業計画書としてそのまま使え、質及び汎用性の高い経営革新計画書を作成

□企画や期間など様々な融通が利く

□オリジナル支援が充実



完全成功報酬

支援1 施策情報支援

弊社では公的機関のホームページを巡回し補助金や助成金などの情報を集め、ホームページに施策情報の一部を掲載をしております。

そうした施策情報の全てをメールマガジンで提供致します。

一日3分程度で自社や取引先企業などに活用できる助成金などを知る事ができます。


支援2 限定30社までのプレミアム情報支援

 プレミアム情報支援ではそうして集めた情報から企業様の個別の状態に合わせ、活用できそうな助成金などの優遇施策の情報提供をさせていただいております。  

個別に対応をしておりますので50社になり次第締め切りとさせていただきます。

支援3 融資アドバイス支援

計画承認後、金融機関との調整の中で細かな疑問点などが多数出てくると思われます。

そうした際にメールまたはお電話を頂ければ、アドバイスをさせていただきます。

支援4 商品やサービスの紹介支援

経営革新計画承認後、御社の商品やサービスを当社クライアントやパートナー様に紹介を致します。
また新展開に向けた活動費用を低価格に抑えられる業者様の紹介も致します。
(パンフレットやホームページ制作、ネット回線契約や不動産取得など)

相談会(3万円)

当社では事前のお打ち合わせとして相談会も行なっております。

2時間程度のお打ち合わせで計画書申請についての詳細や申請までの近道をお伝え致します。

そのままご依頼を頂ける場合はコンサル費用から引かさせて頂きます。

また、自社取得をされる場合にもお勧めです。


経営革新計画 完全成功報酬

最後に


最後になりますが、助成金などは年間予算や募集期間などが定められているものが多いため、一日過ぎているだけで受け取れるはずのものが受け取れないということが起こり得ます。

そうした事がないように新事業を行なう可能性がある場合は今すぐにでもお問合せを頂ければと思います。

お問合せは無料ですのでお気軽にご連絡をください。

ページの上部へ